死と隣り合わせ覚悟…フィギュア羽生選手が勝負のリンクに再び立つ思いとは?

死と隣り合わせ覚悟…フィギュア羽生選手が勝負のリンクに再び立つ思いとは?

2014年11月28日 (金)
公式ツイッター @web_tokudane

「スポーツは自分の限界に挑んでいるわけで、ある意味で死と隣り合わせ。はっきり言って僕の事故は本当に1秒にも満たない差があったら、僕もいなくなっていたかもしれない…」

あの激突事故から20日。
全治2~3週間と診断された羽生選手は、今日28日から始まるNHK杯で、新たな戦いの銀盤に上がる。
きのう27日の公式練習のあと、事故後初めて公の場となる記者会見に姿を現し、ケガを押してまで試合に出場する真意を明かした。

「どうしてもグランプリファイナルに出たかった…」

12月12日からスペイン・バルセロナで開かれるグランプリファイナルは、シリーズの上位6人で争われる。これに出場するためには、今日からの大会で3位以上が不可欠。
しかしケガの影響は残っていないのか?

「万全ではないので少し構成を落とす。ただ一生懸命滑る」

ケガの影響で4回転ジャンプの構成を変更。

スタジオでは羽生選手を応援する声と心配する声が飛び交った。

 
小倉「羽生選手の力から言ったらプログラムの難易度を落としても3位以内に入れるでしょう」

梅津アナ「死と隣り合わせ覚悟の上でリンクに上がっている。王者だから回避する選択は彼の中にないんでしょうか…」

小倉「強い選手が出てきていますからね。無理をしないでって言っても駄目なんだろうし、無理をして頑張れとも言えないし。とにかくケガには気を付けてください」

果たして羽生選手は笑顔で大会を終えることができるのだろうか?

キーワード: ニューススポーツ
公式ツイッター @web_tokudane
このページのトップへ
このページのトップへ