春満開! 爆笑&胸キュン アニマルSP

春満開! 爆笑&胸キュン アニマルSP


【吠えるワンちゃんをネコがハグ】
遠吠えをする犬。
すると…ネコが抱きしめてくれた!
なき止む犬。
犬はぬくもりが欲しかったようだ。


【カワイすぎ! 2本足で立つ子ネコ】
2本足で立っているのは…子ネコ。
ストローをくわえたい。
ストローに夢中になって、2本足で立っていることも忘れちゃう、そんな可愛い子ネコ。
結局、くわえられませんでした。


【スピードMAX! 画面を横切ったのは?】
脅威の運動能力を持つアニマルがいた。
一瞬で画面を横切って行った。
スローモーションで確認してみると…犬だ!
MAXスピードで走る犬に合わせて、タイミングよくボールを放る、見事な連携プレーだった。


【風船で遊ぶ犬! まさかの結末】
風船で遊ぶ犬。
突然ですが問題です。
このあと、犬は失敗をします。
どんな失敗でしょう?


絶好調だったのに…最後のひとつきで、高さ、飛ばす位置、風向きを計算ミス。
ということで正解は…「風船が塀の向こうに消える」でした。


【優しさにあふれた映像! 犬にカサをさす少女】
犬にカサをさす女の子。
女の子の飼い犬ではなく、野良犬。
女の子はまだ5歳。
それでも、自分のカサを一生懸命、野良犬にさしてあげています。
こうありたいものです。


【自然の厳しさを目撃! 岩場のペンギンに…】
岩場で群れをなしているのは、ミナミイワトビペンギン。
荒れ狂う海で食事を済ませ、岩場に上がる。
泳ぎが得意なペンギンも波打ち際では、動きがままならない。
しかも…アシカの仲間、オタリアが現れた。
ペンギンを狙っている。


なんとか上陸を果たすペンギンたち。
陸に上がってしまえば、オタリアから逃れられる。
しかし、一羽のペンギンが逃げ遅れた!
ギリギリでかわすペンギン、なんとか逃げ切った!


【街中にクマ出没! 脅威のパワー】
街に現れたクマ。
そして…クマは登ろうとしただけなのに、塀が崩壊。
恐るべし、クマのパワー!


【カメの身に起こった まさかの事態】
水族館のリクガメがコンクリート塀を乗り越えようとしている。
隣のエリアに移動したいようだ。
突然ですが問題です。
この後、どうなるでしょう?


懸命に前進を試みるリクガメ。
すると…塀の上に乗ることに成功!
おりるのか?
あれ?もしかして…困ってる? 困ってる!
塀の上に甲羅が乗って、身動きが取れないのだ!
すると…飼育員さんがやって来て、なんとか救助に成功。
ということで正解は…「塀の上で動けなくなって困る」でした。


【ホテルのプールに突然ゾウがやってきた!】
野生のゾウがホテルのプールに…水を飲みに来たようだ。
だが…ビビってプールから出られない人間たち。
漂う緊張感。
何かを察して、ゾウは去っていった。


【塀の上に現れたアリクイ】
塀の上で寝ているアニマル。
野生のアリクイだ。
犬に起こされ、両手を広げて威嚇する。
実に良い表情。
犬にもひるまない。


【電流が流れるフェンス!ゴリラの挑戦】
フェンスには、触るとビリっとする程度の電流が流れている。
それでも、フェンスの外に出たゴリラ。
今度は戻りたい。
多分出る時にビリッとしたのだろう…触れたくない。
それでも戻ろうと試みるが、踏ん切りがつかない。
位置を変えて再挑戦!
ここはさっき出て来た場所。
一旦 落ち着いて…成功!


【水辺でエサをあげていたら…衝撃展開】
カメにパンをあげていたら魚も来たので、魚にもパンをあげたら…やって来たのは、ミズオオトカゲ。
たまたま群がる魚を見つけたようです。
でも、一匹もゲットできず、キョトンとしました。


【監視カメラが捉えた信じられない光景】
ロッカーの扉が閉まっていない。
そこに、ネコが入っちゃった。
突然ですが問題です。
このあと起きるアンビリバボーな出来事とはどんなことでしょう?


お姉さんが何も気づかずに、扉を閉めてカギをかけた!
すると、一匹のネコが扉を気にしている。
このネコは、ロッカーにネコが入った時から、一部始終を見ていた。
事態を重くみて、安否確認に来たのだ!
しかし、このネコにできるのは、その場を離れず、じっと見守るだけ。
そして数分後、ロッカーの前から動かないネコを不審に思ったお姉さんが戻り、無事救出!
ということで、正解は「カギをかけられ閉じ込められるが、なんとか助かる」でした。


【叱られたネコ! 目を疑う仰天行動】
スリッパを噛んで叱られていたネコが…器を弾き飛ばし、破壊!
ひどい態度…通じ合っていると思っていたのに…飼い主はショックを受けた。


【馬に乗りたい女性! そのとき馬は…】
馬に全然乗れそうにないお嬢さん。
突然ですが問題です。
このあと どうなるでしょう?


またがろうとするが失敗。
すると…馬がしゃがんでくれた!
そしてついに、乗馬成功!
実はこの村では、馬は家族同然。
お嬢さんとこの馬も、一緒に大きくなった兄妹のような仲。
お嬢さんが運動が苦手なことは、馬は百も承知。
なので、嫌がることなく、しゃがんでくれたのです。
ということで正解は「馬がしゃがんで乗せてくれる」でした。


【カニ漁の仕掛けに現れたマル秘生物】
この日、漁師がいつものように仕掛けを海中に放り投げた。
カニ用の仕掛けだ。
カニは、金網がよく見えず、餌に釣られて中に入ると、出られない。
そこへ、タコがやって来た!
そして…仕掛けの中のカニを食い荒らす。
漁師は、仕掛けを引き上げ始めた。
カニを狙ったはずなのに、獲物はタコになりそうだ。
慌てるタコ。
そして…仕掛けはカラ。
タコはすんでのところで逃げ切っていた!
タコ、すげぇ!


【ダチョウを触りたいおじさんに悲劇】
動物園のダチョウに触りたいおじさん。
警戒するダチョウ…触られたくない。
でも、エサをくれる人もいるので無下にもできない。
だが、おじさんがルール違反、柵をくぐってお触り行為!
するとダチョウは、おじさんに突進! 当然だ。
怒れるダチョウは仁王立ち。
おじさんにケガはなかった。


【ミステリー! 回るトナカイの群れ】
雪原で渦巻いているのは…トナカイの群れ。
散っても…また集まる。
雪原だけでなく、飼育下でもぐるぐる回る。
実は、この行動の目的は定かではなく、ミステリーサークルと呼ばれている。
専門家によって意見が様々で、天敵を撹乱し、一頭の個体に狙いを定めにくくするためという説もある。
しかし、柵に囲まれ、安全な環境下でもぐるぐる回る。
それゆえ、専門家によっては、中心にいる個体は弱く、それを守るためや、円運動中の接触による摩擦で保温効果を高めるためという見解もある。


しかし、この回転は、季節、地域、ストレス環境に関係なく行われる。
どの説も定説となるには、研究が足りていないのだ。
今判明していることは、20頭以下の群れではこの回転は起きないこと。
自然界では、反時計回りで回る場合もあるが、柵の中では必ず時計回りであること。
この2点だ。
いずれにしても、トナカイのミステリーサークルは研究半ば、世界は謎で溢れているのだ。


【真冬のプールサイドで…】
真冬のプールサイド、犬が雪の上を駆け回る。
茶色い犬が、地続きと思ったのか、凍ったプールに落ちてしまった!
飼い主が駆け寄る。
犬は飛び込んだまま出てこない…なんとか見つけ出した飼い主。
しかし、すでに水に入ってから1分以上が経っていた。
すぐに獣医の元へ。


そして…なんとか一命を取り留めた!
獣医いわく、おそらくシドくんは、冷たい水の中で仮死状態になっていたのでは?
そして、もう少し時間が経っていたら、命はなかっただろう、とのこと。
シドくんは後遺症もなく、今も元気に骨をかじっている。


【ゲートを登りたいネコ! 犬の〇〇!?】
ゲートを登りたいネコと、それを見つめる犬。
ネコに掴みかかる犬。
よく見ると、必死におろしているようだ。
そう…おそらくこれは愛だ。
このゲートを登るには、ネコは太りすぎ…犬はそう思っていたに違いない。
そうでなければ、これだけ必死に止めるだろうか?
なのでこれは、愛だ!


【タカが野ウサギをハント!】
タカが野ウサギを捕まえた。
だが…野ウサギは生きていた!
そして、逃げた!
身動きを止め、タカの拘束が緩んだとたん、見事、逃げることに成功したのだ!
ただ、タカにとっては、全く想定外の結果だった。


【ネコの不思議すぎる行動】
植木の葉をかじるネコ…ではない。
かじってない。
理由は定かではないが、かじっていない。
かじった気分を楽しんでいる。
にゃんとも紛らわしいネコだった。


【VRゲーム中…】
この女性は、スマホのVRゲームを見ている。
ゲームはホラーもので怖い。
なので…ペットを抱きしめる。
だが…お尻が上で頭が下。
確かに、犬は頭もお尻もモコモコなので、わかりにくい。
逆さまの犬…娘に指摘され、やっと気づいたようだ。


Close×