ドラマ、映画、バラエティ、アニメ、イベントなどの出演者・アナウンサー・スタッフに取材するフジテレビインタビューサイト

ハチマガ

#1 異色な英会話で話題!
フジテレビ公式YouTubeで配信中の『金ため英会話』
永野さんにインタビュー!

永野(ながの)さん
1974年9月2日生まれ、宮崎県出身。1995年よりピン芸人として活動を開始。シュールな芸風の一人コントが持ち味で、ラッセンのネタで注目を浴びる。最近では『PON!』や『永野のみなもとのもと』などレギュラー番組に出演するほか、様々なバラエティ番組でゲスト出演をし、活躍している。

毎週“金”曜日の午前10時に、くだらないけど“ため”になるシュールな“英会話”フレーズを1レッスンずつ配信している『金ため英会話』。フジテレビ公式YouTubeで好評配信中のこの異色英会話番組に出演している芸人・永野さんを直撃! 見どころや撮影現場の裏話をたっぷり語っていただきました。

  • 「やっている僕らもホントに楽しいんですよ」
    永野さん

番組がスタートして約1年が経ちましたが、撮影現場はどんな雰囲気ですか?

まだ1年なんですか? 僕の中では、いい意味で、もう2年ぐらいやってる気がしていて(笑)。それぐらいの濃密さというか、スタッフの方々のノリであったりとか関係性も含めて、もっと長く一緒にやっているような感覚がありますね。そういえば去年の年末、ある番組でお世話になったメイクさんとお話をしてたら、その方が『金ため~』の撮影をしている僕らのことを偶然見かけたことがあったらしくて。「あの明るい現場の雰囲気が、見ていてめちゃくちゃほほえましかったです」って言ってくださったんですよ。確かに僕らはメイク中も撮影中も、いつもスタッフさんたちとゲラゲラ笑っているので、「やってる僕らもホントに楽しいんですよ」って伝えたら、「みんなで笑って楽しく仕事をする。まさにこの感じがテレビの本来あるべき姿なのよ!」って熱弁されていて(笑)。そのメイクさんはベテランっぽい方だったんですけど、そんなふうに言っていただけてうれしかったですね。

ニヤリと笑えるシュールな英語の構文を、永野さんは毎回いろんなキャラクターに扮して表現していらっしゃいます。特に印象に残っている撮影中のエピソードを教えてください。

撮影と言っても静止画なので、毎回僕はその構文に合った扮装をして写真を撮ってもらっているんですけど、一番覚えているのは第1回目の撮影のときですね。「ごめんね。フジテレビをCXって呼ぶなんて、お母さん素人失格よね」っていう構文だったので、僕はかっぽう着を着てお母さんの格好をしていたのですが、いざ撮影が始まったら、なかなかOKが出ない。同じポーズでも「もっと口角を上げて!」とか細かくいろいろ言われながら撮影していって、最終的に千何百枚も撮ったんですよ!これはホントに冗談抜きです(笑)。もちろん一番最初の撮影でまだ試行錯誤してたという部分もあると思うんですけど、ここまでこの現場は厳しいんだって、たった1枚の写真にこんなに入魂するんだって驚きましたね。その後写真の仕上がりを見せてもらったら、結局使ったのは序盤のほうのたいしたことない写真で、どこにこだわりあるのかと(笑)。。。で、次の撮影からは、マックスでも数十枚で終わるようになりました(笑)。

他にも、この番組ならではのハプニングなどはありますか?

この番組は全部スタッフさんの手作りで、プロのスタイリストさんとかメイクさんがいないんです。だから女装をするときも『金ため~』のスタッフの方が衣装を着せてくださるんですけど、この間ワンピースを着たら、なんか窮屈な感じがして。でも女の人の服だからそう感じるんだろうなって思ってたので、しばらくそのままにしてたんですけど。改めて服をよーく見たら、正面にジッパーがあったんですよ。要はワンピースを前と後ろ逆に着てたっていう(笑)。

そのスタッフさんが男性の方だから、前と後ろが逆になってることに気づかなかったと。

多分そうだと思います。あと、これはずっと疑問に思ってたことなんですけど、この番組のチームって、重い物を運んだりする力仕事とか、写真を撮影してその良し悪しをジャッジしたりするのは全部女性スタッフなんです。で、僕にブラジャーをつけてくれたり(笑)、ヘアメイクを直したりする係を男性スタッフの方がやっていて。特にブラジャーとかは女性のスタッフさんにつけてもらったほうがいいような気がするんですけど、すごくガタイのいい男性スタッフの方につけてもらってます(笑)。

そんな扮装をしていざ写真撮影に臨む際、自分の中で何かこだわっている部分などはありますか?

普段テレビ番組とかに出てる時の僕って、「我が我が」っていっちゃうタイプなんですけど、こういう写真を撮られる時は結構受け身というか、言うことを聞くタイプなんだなって。これはこの番組をやるようになってから気づいたことですね。カメラマンさんやスタッフさんから言われるがままにやっていて主張がゼロなので、それは自分の中でも発見でした。逆に「自分の好きなポーズで、さあどうぞ」とか言われたら、狙いすぎてしまって表情も硬くなっちゃう。そういう意味では、最初にカメラマンさんがテストで撮ってる時の表情とかが、リラックスしていて一番良かったりするんですよね。
4月19日公開の永野さんインタビュー♯2ではプレゼントのお知らせもあります!
金曜日のくだらないけどためになる英会話
『金曜日のくだらないけどためになる英会話』

毎週金曜10時よりフジテレビ公式YouTubeチャンネルで配信中。
■『金ため英会話』関連サイトURL
YouTube
https://www.youtube.com/c/kintameenglish
Facebook
https://www.facebook.com/fujitv.kintame/
Twitter
https://twitter.com/fujitv_kintame

■4月20日発売「金ため英会話公式テキストブック『非実践版!うっかり使える英会話』
B6判・136ページ 1,100円(税別)

他の記事

異色な英会話で話題!
フジテレビ公式YouTubeで配信中の『金ため英会話』
永野さんにインタビュー!

『金ため英会話』 永野さん

この記事を共有する

インフォメーション

キーワード