爆笑&胸キュン!最新アニマル映像2時間SP

『飼い主に寄り添いすぎる犬』
飼い主に寄り添う犬。
犬も片足を上げ、びっこを引いているが、犬は怪我をしていない。
飼い主が好きすぎて、つられてこうなっちゃったのだ。
実に健気だ。


『パスタで遊ぶ赤ちゃんと犬』
赤ちゃんが持っているのはパスタ。
それを食べたいワンちゃん…でも食べられない。
知ってか知らずか、赤ちゃんがいい感じで動かすのです。
吠えずに頑張る、なんとも切ないワンちゃんでした。


『挑戦!ハムスター専用アトラクション』
このハムスターは、これから飼い主さんお手製の遊具で遊びます。
降りて登って降りて、登って、エレベーターで下に降りる。
ボールのプールで一休み。
穴に潜るのもだーい好き!で、ゴール!
実際に作るとなると超大変!ちゃんとルート通り遊ぶハムスターもえらい!
愛に溢れた手作りアトラクションforハムスターでした!


『超絶かわいい!リラックス猫』
リラックスとはこの事!そんな瞬間です。
紛れもなく猫です!健康な猫です!
ここまで無防備に眠れるのって、なかなか素敵。
起きたら、可愛い!
でもやっぱり眠い…ご主人様はそっと見守ることにしました。


『カップルにヤキモチを焼く犬』
こちらのカップルは二人の幸せを動画に収めようとしています。
でも、ワンちゃんが邪魔します…ヤキモチです。
どくかな? どきません!ドアップです!
でも、幸せ感は十分記録できました。


『車の角でお尻をかくゾウ』
サファリパークの象が車の角でお尻をかき出した。
客は笑っているが、ガイドは真顔。
子供とはいえ、ゾウが暴れだしたら一大事だからだ。
こちらの様子を伺う仔象。
軽い足取りで去って行った。


『〇〇…からの奇跡!』
ある意味 奇跡の瞬間です。
キャッチできず、跳ね返されたニンジンが、レンズを直撃!
失敗したのに、なんかカッコいい感じになってる。
犬は、落ちて転がったニンジンを食べた。


『必死!窓から脱出しようとする〇〇』
これは、家の中に忍び込み、見つかったので窓から逃げ出そうとしているアニマルだ。
熊だ…窓はちょっとしか開いていない。
撮影者たちは、この日ホームパーティーでお酒をしこたま飲んでいたようで、そのせいか誰も熊を恐れることなく呑気に撮影を始めたらしい。
なんとか逃げ出した熊。
酔っ払いたちもなぜか喜んだ。


『一体なぜ!? ボールを持ったまま後ずさりする犬』
ボールを手にした犬が咥えずに、ボールを持ったまま後ずさり。
専門家によれば、お気に入りのおもちゃを手に入れたことでテンションが上がり、このような動きになっているのだという。
だがきっと、最終的には咥えざるを得ない…犬だもの。


『おじさんの絶叫に衝撃を受ける猫』
おじさんと犬と猫。
おじさんと犬はテレビを見ています。
そして、おじさんがスポーツ中継に絶叫!
大声に驚いた猫は台に乗れず、犬は呆れていました。


『仲良しすぎて…舐めちゃう!』
口の中を舐める犬と、舐めさせる犬。
これを二匹はたまに行う。
舐めるのはいつも白犬、茶犬は舐められてばっかり。
専門家によると、これは親愛の証、白犬は茶犬が大好きなのだ。
もちろん、これを許す茶犬も白犬が大好き!
舐めて舐められて、信頼を深めていく。
ただ…ほぼ食べられてるようにしか見えない。


『珍しい!酔っ払いのリス』
あれ?リスが傾いていく。
戻った!でもまた…あれ?リス、もしかして寝てる?
専門家によると、腐って発酵した木ノ実を食べ酔っ払っているのでは?とのこと。
実際、この映像の撮影者は前日に腐った梨を外に捨てたという。
きっとリスはそれを食べたのだ。


『子犬をサプライズプレゼントからの…』
突然ですが問題です。
サプライズで目の前に、プレゼントの子犬を置かれた三姉妹にこの後、ちょっとしたアクシデントが起きます。
どんなアクシデントでしょう?


「感激よ・・・なんて可愛いの!」
「あ、おしっこかけられちゃった」
ということで、正解は「おしっこをかけられる」。
三姉妹、初めてのお世話となりました。


『独創的!? 絶対に玉に触らない決意!』
この猫は独創的だ。
本来このおもちゃは、床に置いて外側の溝を転がる玉を動かして遊ぶ。
しかし、こいつはそうではない!なんかわからないが王道の遊び方はしない。
決して直接球をさわって遊ばない、そんな気概まで感じる。
我が道を行く猫!


『不満げな? アルパカたち』
ぬいぐるみで遊んでいたら、全アルパカが凝視。
ぬいぐるみが本物のアルパカに見えたようだ。
「あんな乗り方は許せない!」そんな表情にも見えた。


『危険! 子猫が幹線道路に』
子猫がいるのは、幹線道路の車道!
運搬中に車から落ちたようだ。
うまく避けて通る車。
すると、停車し助けてくれる男性。
停車する彼自身も安全とは言い切れない。
すぐに車を発進。
子猫は助かった。


『水槽の藻の上に〇〇が!』
これは水槽の中にフワフワさせる観賞用の藻。
そこに、ザリガニが乗っかっちゃった!
ザリガニは普段ほとんど泳がないので、この浮遊感は初めての体験…必死にバランスをとります。
何かに驚いてジャンプしたらたまたま藻があったとのこと。
降りたいのか?それとも楽しんでいるのか?
楽しんでると思いたい。


『水辺のバッファローを襲う〇〇』
水辺で休むバッファロー…のどか。
しかしこの後、そうはいっていられない事態に…なんか水浸しになってしまい、バッファロー、呆然。
実はこの直前、大規模なサイクロンがこの地を襲ったため、豪雨が溜まった上流から水が洪水のように押し寄せてきたのだ!
自然には逆らえない…なんとか脱出したバッファローだった。


『突き飛ばされたパンダが…』
突き飛ばされたパンダが、起き上がり損ねて…転がって落ちた。
でも元気だった。


『壮観!終わらない羊の群れ』
これはドライブレコーダーの映像。
橋のたもとにきたら羊飼いがやってきたので、先に通すことにした。
しかし、とんでもない数だった。
先を譲る譲らないの話ではない!こんな大量の羊がいたら、そもそもこの先も通れない。
実はここジョージアでは非常に大切にされていて、「羊が多い家族は幸せに暮らす」という格言があるほど。
羊飼いはとても尊敬されている。
それにしても長い列、ていうか…終わりが見えない。
一流の羊飼いが飼っている羊は数千頭、それらをこのように移動させながら育てている。
待ってる運転手も、敬意を表して全く怒っていなかった。


『壮観!終わらないトナカイの群れ』
こっちもすごい。
やって来るのはトナカイの群れ。
ちなみにこの大量のトナカイ全てが、地元に住む牧畜民の一家に飼育されているのだとか。
これは新たな牧草地に移動している最中の様子だそうです。
ご苦労様です。


『泥にはまった象 救出大作戦!』
幼い象が泥にはまって出られない。
子象は二日もの間、この状態だった。
苛立つ母象。
専門家を集め救助隊が結成された。
しかし、母象は興奮状態!このままでは子象を救えない。
やむを得ず麻酔銃で母象を眠らせ、その間に子象を助け出す作戦に!
そして…救助成功!
母象に気付け薬を打ち、走って逃げる。
母象も無事目を覚まし、親子で森に帰っていった。


『子供の危険を察知して静止する猫』
高層階のベランダに猫と坊やがいる。
手すりに手をかける坊や。
それはだめ!と言いたげな猫。
危険を察して、坊やの手を手すりから外させる猫、賢すぎる!
驚くべきことに親は寝転がってる!確かに坊やが乗り越えるとは思えないが、猫のほうが親っぽい。


『椅子の穴にはまっちゃった犬』
眠たい犬が…困ってる。
寄っ掛かった背もたれのデザインが悪かった
犬がすっぽり入る穴が空いていたのだ。
もちろんこれは人間用の椅子。
人なら穴にハマらない。
この後、飼い主が助けてあげた。


『監視カメラの前で怒るオウム』
監視カメラの雨粒をワイパーで払う。
すると…せっかく雨粒がなくなったのにオウムで視界が遮られた。
しかもオウムが怒っている!怒りたいのはこっちの方だ。
だが、激しくクレームをつけるオウム!カメラに噛み付いている!
すると、別のオウムの攻撃を受ける。
飛び立つかな?と思ったが、オウムの怒りは増していた。


『覗くヘビ』
ヘビが窓の外から覗いている…んじゃなくて、中から外に出て覗いていた。
紛らわしい。


Close×