仰天&奇跡!家族の絆2時間SP『一体なぜ? 全英を感涙させたマジシャン』


去年4月、イギリスの人気オーディション番組に冴えない中年男性が出演した。
彼、マーク・スペルマンの職業はマジシャン。
実は、これまでの2年間、イギリスのマジック界から姿を消していたという彼は、この日、あるマジックを披露した。
すると…なぜか会場は喝采と涙に包まれた。

マークが、マジックに夢中になったのは7歳の時。
テレビのマジックを見ていて、なぜかトリックが分かったのだと言う。
それから、テレビのマジックのタネを研究しては、家族に披露していたという。

それでも、やがてプロになるのは到底叶わないと諦め、マジックはあくまで趣味として続けていた。
だが、彼が19歳の時、専門学校で出会ったテッサに背中を押され、再びマジシャンを目指し始めた。
そして、いつしか、彼女の笑顔にも惹かれていった。
だが当時、テッサには恋人がいた。
思いを振り切るように、マークはマジックの修行に打ち込んだ。

そして、23歳にしてプロのマジシャンとしてデビュー。
仕事があると、イギリス各地を飛び回る日々。
あっという間に、何年もの時が流れた。 
そして、久しぶりにロンドンに戻ってきた時…テッサと奇跡的に再会。
当時、テッサはもともと興味のあった美容の専門家として活躍していた。
恋人もおらず、フリーの身となっていた2人は、頻繁に会うようになり、互いに惹かれていった。

その4年後には、二人は一緒に住み始めるようになった。
マークは一番の理解者のテッサに励まされ、マジシャンとしてさらに成長していった。
その後、マークの必死の努力が実り、徐々に仕事が増加、数年後にはマジシャンとしてテレビ番組に出演。
インドネシアのテレビ番組にも呼ばれるなど、イギリス以外からも声がかかるようになった。
そして有名ミュージシャンや、チャールズ皇太子の前でもマジックを披露した。

中々子供ができなかった二人は、体外受精を試みていた。
しかし、2年が過ぎ、3年が過ぎても、子どもはできなかった。

何度試してもうまくいかないまま、5年の月日が流れ…ついに医師の口からもこれが最後のチャンスだという言葉が。
二人も半ば諦めかけていた。
しかし、不妊治療5年目にして待望の妊娠。

だが、その幸福は長くは続かなかった。
妊娠4ヶ月目に、テッサに乳がんが発覚したのだ。
医師からは子供は諦めて治療に専念するように勧められた。
マークは藁にもすがる思いで セカンドオピニオンを求め、ロンドン中の病院を当たった。
その結果、ついに妊婦のがん治療の専門家アリソン・ジョーンズ医師を探し当てることができた。

こうして、テッサとお腹の赤ちゃんを同時に救う、挑戦が始まった。
子供に影響のない抗がん剤だけを投与したが、抗がん剤は抗がん剤、副作用で髪は抜けていった。
この頃、マークはブリテンズ・ゴット・タレントのオーディションを受けるチャンスがあったが、それを断った。
さらに、仕事を全部キャンセルして、テッサを支えた。

こうして、マジック界の表舞台から姿を消したマーク・スペルマン。
だが、それから2年あまり、人々は思ってもみない形でその結末を知ることになる。
それは昨年4月、ブリテンズ・ゴット・タレントの予選の舞台に、なぜかマーク・スペルマンが立っていたのだ。
そして、観客席には、元気そうな妻・テッサの姿が!

マークは審査員たちにルービックキューブをシャッフルさせたり、25色のクレヨンや、様々な絵が描いてあるカードから好きなものを選んでもらった。
そして、あらかじめペンを上向きに持ってもらいその上に本をかざし、本を動かして審査員が「ストップ」と声をかけたところに印をつけてもらった。
そして、あるVTRを流した。
そのVTRで5年もの不妊治療の末、妊娠したものの、テッサが乳がんと診断されたこと…そして、娘のイザベラが生まれたことが紹介された。

そして…2ヶ月前に娘が絵を描くために選んだのは赤のクレヨン。
6ヶ月前、お気に入りのおもちゃがないと眠れなかったというイザベラの横には…パペット・ペンギン。
これらは、審査員たちが選んだものと同じ。
9ヶ月前に遊んだルービックキューブ。
審査員が先ほどシャッフルしたものと完全に一致している。

そして、先ほど本の中に印をつけ、その中にある単語を確認した。
印の中にあった単語は「帽子(Hat)」。
2年前、マークはイザベラにこう質問していた。
「もしパパが2年後にブリテンズ・ゴット・タレントに出演するとして、審査員が単語を一つ考えるとすれば何だと思う?」
イザベラが答えたのは…「帽子(Hat)」!

実はこの日からおよそ2年半前に当たる、2015年12月23日、3ヶ月の早産で娘のイザベラが誕生。
しかし未熟児で、自ら呼吸や体温調節をすることができず、集中治療室へ。
マークとテッサは朝の6時から深夜0時まで、病院で付き添った。
献身的な介護のお陰で、翌年2月、イザベラは無事退院できた。
それから1年あまり、またブリテンズ・ゴット・タレントの話が…マークは悩んだが、テッサに背中を押され、出演を決意したのだ。

その後行われた準決勝では惜しくも敗れてしまい、決勝の舞台に立つことは叶わなかったが、これをきっかけに、マークは一躍イギリスを代表するマジシャンとなった。
現在、マークの娘、イザベラちゃんは3歳になった。
心配したテッサさんのがんも再発しておらず、3人とも元気にロンドンで暮らしている。

なんと奇跡のマジシャンマークスペルマンが、今夜、番組のためだけに緊急来日!!
スタジオでマジックを披露してくれた。

Close×