ココ調

今日のココ調

まるで理科の実験!? 不思議で楽しいサイエンススイーツを調査!

異なる色の液体を混ぜてみると…

「おーー!スゴイ!こんなに鮮やかな緑になるとは!」

黄色と青を足したら緑になる!
まるで理科の実験のようですが・・・

実はコレ、科学の不思議を感じながら、楽しく、オシャレなお菓子を作る!という今、話題の「サイエンススイーツ」!


今年4月に発売されたレシピ本は、わずか3日で完売!
すでに3回、重版しているほどの人気なんです。

すると、SNSには・・・。


「あ、ハッシュタグ、サイエンススイーツになっていますね!」

自宅で実際にチャレンジした人の写真が続々とUPされているんです!

そこで今回は…まるで理科の実験!?
簡単!オシャレ!で不思議なお菓子「サイエンススイーツ」をココ調します!

早速、皆さんが作っている「サイエンススイーツ」を調べてみると…


「こちら、『ふたりで魔法のおちゃ作り』って書いていますね。これが魔法のお茶なんですかね?」

そこで!実際にお話を聞いてみると・・・?


「あれは、元々は色が青いお茶なんですけれども、レモンを搾ると紫色に変わるっていうお茶です」


実際に変わっていく様子がこちら!
レモンを搾ると…徐々に紫色に変わっていくのが分かりますか!?

実はコレ、バタフライピーというハーブティーに含まれる色素「アントシアニン」が酸性のレモンに反応して色が変わる性質を利用したもの。


「パックでバタフライピーTeaというのが売っていて、それにレモンを搾っただけなのですごく簡単でした」

「(子供は)すごくビックリしていて、ワーッっていう歓声があがりました」

一方、こちらの方が作っていたのは・・・?


「宝石のお菓子です。砂糖の結晶化を見る実験です」

コレは半生(はんなま)菓子と言われる和菓子の「琥珀(こはく)糖」。

時間が経つにつれ、砂糖が結晶化して、表面がシャリッとした食感に変わるというお菓子。


「子供に見つかると食べられるので、見えないところに隠して、私が毎日観察していたという感じなんですけど」

「作って終わりというわけではなかったので楽しかったです」

さらに!こちらのご家族が作っていたのは・・・?



「チョコレートのお皿です。
こんな感じでお皿になります。水風船割っちゃいました」

これは、水風船を使ってできるチョコレートのお皿。


湯せんで50℃まで温めながら溶かしたチョコレートを水風船につけて、2時間ほど冷蔵庫で冷やします。

チョコが固まったら、風船をつまようじで割れば・・・

簡単!オシャレ!なチョコレートのお皿が完成!

「これチェリーのトッピング!」

「本当に簡単だったのに一番ビックリしました」

「作って楽しい、食べて楽しい、おいしい」


「遊びなのに学びが好きになるっていうような感じがしてすごく気に入っています」

さらに!
自宅にあるもので簡単に楽しめるサイエンススイーツを考案したケーキデザイナー・太田さんに教えてもらうことに!


「暮らしの中で『コレちょっと不思議だな』とか『何でこうなるんだろう?』っていうポイントがけっこうあると思うんです」

「そういうものをお菓子に取り込んでみると、レシピでちょっとおもしろい遊びができたりします」

一体どんなサイエンススイーツを作れるのでしょうか?


「液体の性質を使って、簡単にしかもオシャレにできるサイエンス感のあるドリンクをご紹介したいと思います」

準備したのは、それぞれ50mLずつの蜂蜜、オレンジジュース、豆乳、水。


「実はこの4つの液体なんですけれども、重さが違うんです!」

そう!液体の重さを知ることがサイエンスポイント!

実際に重さを量ってみると、全部50mLなのに、ごらんの通り!
すべて重さが違うんです。

そして注ぐときには、重たいものから順に氷に沿ってそ~っと入れるのがコツ!

下からはちみつ、オレンジジュース、豆乳、水とキレイな層になっているドリンクが完成!

他にも・・・紅茶やコーヒーなど、液体の重さを知っていればカフェで出てくるようなドリンクを、簡単にお家で楽しむことができるんです!

さらに・・・!

「もう一つサイエンススイーツを魅力的にするアイテムがあります」

「夏によく登場するかき氷シロップなんです」

そう!意外と使い切れずに余ってしまいがちな「かき氷シロップ」!
このかき氷シロップのサイエンスポイントが・・・!

「青と赤と黄色、この3つの色がポイントなんですね」

色の三原色「赤・青・黄色」さえあれば、作れる色は無限大!

実際に黄色に青を足してみると・・・?


「おお~!スゴイ!頭では分かってたんですけど、こんなに鮮やかな緑になるとは!」


「今はやっているレインボーカラーっていうのも自由自在に作ることができる」

そんなかき氷シロップは、ゼラチンを入れてゼリーにするのがオススメ!


鍋で温めたかき氷シロップにゼラチンを入れて溶かし、製氷皿に入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やすだけで・・・

超簡単!カラフルなゼリーが完成!

コレをポンチに浮かべたり・・・

あんこにつけて和菓子に使ってみたりと、アレンジも無限大!


「う~ん!おいしい! あんこの甘さがありつつ、シロップのフルーツっぽい風味が後から鼻に抜けてくる感じで全然くどくないですね」

さらに!この夏イチオシの“サイエンススイーツ”が・・・!

「溶けないアイス」

溶けないアイスとは一体!?

「溶けるっていうことは『融点』がポイントになっています」

溶けないアイスのサイエンスポイントは“融点”!

通常アイスはおよそ20℃で溶けてしまいますが、それを溶けないようにするためには・・・?

「寒天です」

「寒天は70℃にならないと溶けないんです!」

では本当に溶けないのか!?
室温26℃の部屋に普通に作ったアイスと溶けないアイスを置いて1時間ウォッチングしてみると・・・?

20分を過ぎたあたりから、普通のアイスは溶け始めましたが・・・

1時間たっても寒天の方はほぼ溶けてない状態!
まさにサイエンス!!

作り方も超簡単!
牛乳に粉寒天、砂糖にお好みのフルーツを準備したら・・・


鍋にフルーツ以外の材料を入れて、沸騰したら弱火でゆっくり混ぜながらとろみをつけ、フルーツを入れた型に流し入れて冷凍庫でおよそ4時間冷やすだけ!
なんです。

「ちょっと普通のアイスと違う! 噛み始めたときはシャリシャリしていて、食べ進めて溶けていくとモチモチふわふわっていう寒天の独特の食感がちょっとだけ出てくる感じ。すごくおいしいですね」

みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×