ココ調

今日のココ調

全国800以上が放置状態!? 廃墟ホテルが解体されない理由を調査!!

「こちらの建物、一見営業していそうな旅館なんですが…」

「玄関に張り紙がしてありますね。平成30年6月30日、破産手続きって書いてあります」

石川県小松市にある観光客に人気の北陸最古の名湯「粟津(あわづ)温泉」。

その温泉街の中心にある、去年閉館した旅館は、1年前、営業していた時と同じように残されたまま。

現在、売却先を探しているそうですが、まだ具体的には決まっていないと言います。
さらに…!

こちらのホテルの前には車は止まっていますがよく見ると入口が開いていません。

実はこちらの温泉街には、こうした廃墟になったホテルが確認できただけでも4軒。

少なくとも10年から20年ほど、放置されたままだと言います。

「もしこれが崩れて(きたら)怖いだけ」


「(粟津は)住みやすい街だと思うんで」


「こういう廃墟になっているホテルとかがね」


「なくなればいいかな」


実は他にも全国に廃墟になったホテルや旅館が残されていて、ココ調が調べただけでも139軒。

実際には800軒以上はある、とも言われています。

そこで!
ココ調では、許可を得てドローンを飛ばし、廃墟になったホテルや旅館を調査!

一体なぜ、解体されずに放置されているのか?
そのワケをココまで調べてきました!

やってきたのは、栃木県日光市にある関東屈指の温泉地・鬼怒川温泉。

1980年代から90年代、バブル景気に乗り、ホテルや旅館は次々と大型化した人気温泉地です。

団体客で賑わい、ピーク時には、およそ314万人が訪れていました。
しかし、今・・・。


「あちら見てみますと建物がズラッと並んでいます。実はあちらほとんどが廃墟になっています」

バブル崩壊後、銀行の破たんや団体旅行の減少などで廃業するホテルが増加。

こちら渓谷沿いの大型ホテルは10年から20年ほど放置され、現在、廃墟と化しています。

そこで!ココ調では、ドローン撮影の許可を得て上空から廃墟ホテルを撮影してみることに!

「こう見ますと、かなり老朽化が進んでいることが分かります」

「壁が非常に朽ち果てていて、障子もところどころ破けてしまっています」

「そして、かなり物が散乱している様子がうかがえます」

「こちら温泉だったところですね。もちろんお湯は入っていませんし窓ガラスなども割れています」

長い間、時が止まったかのような温泉街の一角。

さらに、建物の正面へ回って公道から見てみると壁が剥がれ、老朽化が進んでいることが分かります。

「ここはちょうど建物と建物の間なんですけれども、紐なども一切張られていないので、入ろうと思ったら誰でも入れてしまうんです。非常に危険だなと」

この姿を見た観光客は…。


「うわー怖い!」


「もったいない。こんないい所なのに」


「もう1個向こう側の橋と比べると」


「向こうはすごくホテルとかキレイだったので、急にあれ? どうしたんだろうという感じ」

実際、解体しないことでこんな問題も・・・。

「なぜかココに金庫があります。この旅館のモノだったのか、どなたかが不法投棄した可能性もあります」

そう、ゴミの不法投棄。

金庫以外にも、廃墟の近くにはペットボトルなど様々なゴミが落ちていました。

さらに、なぜか焦げた座布団を発見!

火事になる危険もあるので、無断で立ち入るのは絶対にやめてください。

調べた結果、鬼怒川温泉で通常に営業しているホテルや旅館は29軒。

一方で管理されず廃墟になっているのは3軒でした。

では、一体なぜ解体しないのか?
市役所の担当者によると…。


「基本的には、民間の施設でありますので、なかなか手をつけられないっていうのが現状です」


「行政代執行っていう手段があるんですが、それには多額の費用がかかる」

「あくまでも推測なんですが、1軒あたり2億円と捉えています」

そう、解体ができない大きな理由は2つ。
「所有者と連絡が取れない」、そして「多額の解体費用」。

さらに、温泉地ならではの理由も・・・。


実は、廃墟になっているホテルの下に源泉があり、現在も営業しているホテルにお湯をパイプで送っているため、むやみに手を付けることができないそうです。

一方、沖縄にある廃墟では今、新たな動きが・・・。


「あ、ありましたアレじゃないですか?山の上に大きな廃墟らしき建物が建っています」

実はコレ、世界遺産に登録されている「中城城(なかぐすくじょう)跡」の

すぐ隣にある巨大廃墟「中城(なかぐすく)高原ホテル」。

営業していたのは1972年の沖縄が日本復帰してからわずか2カ月だけ!という幻のホテルなんです。

一体、なぜ2カ月しか営業せず廃墟になってしまったのでしょうか?


「(オープンして)1~2カ月で個人の道ではなくて、中城村の道ですから使うことはできませんと」

「営業ができない状況で(閉館した)」

実は当時、遊園地や動物園も併設されていたというホテル。
オープン2カ月で中城城跡が文化財になり、ホテルにつながる道路が通行できなくなったため、営業は中止に。


それから47年。
放置されたままの廃墟ホテルは今どうなっているのか?
普段は立ち入り禁止の中へ特別に入れて頂きました。

中見ると落書きなどがかなり多く見られます。

「勝手に入っていくんですよね」


当時としては珍しいウォータースライダーがついた大きなプールも・・・
今は草で覆われ、わずかにウォータースライダーの名残が見えるだけになっています。

その一方で、中島みゆきさんなど多くのアーティストがプロモーションビデオの撮影に使うなど、沖縄では有名な廃墟ホテルでした。

しかし!今回、奥村さんはある決断をしたと言います。

「解体して公園整備事業になるんです」


そう47年間の話し合いの末、所有権を沖縄県へ渡し、およそ2億円をかけて解体することに決定。

「どうにか生かせる方法はないかなと考えたんですけど…」
この建物は廃墟、お化け屋敷、心霊スポットなど、あまりいいイメージが持たれていないんだとか。

「地域・社会のために役に立った方が父も喜ぶんじゃないかと思いまして」
と語る奥村さん。

実はこのホテルを作ったのは、奥村さんのご両親。

お父さんは国際通りの名付け親とも言われ、現在の沖縄の発展に尽力された方なんです。

そんなお父さんが愛したこの場所を、地域に活用してもらおうと、解体を決めたと言います。

そこで!解体する前に最後に皆さんに見てほしいと、今回特別に撮影させて頂いたのがこちら!

海抜250mの高台に建つ展望台から眺める世界遺産と太平洋。

「(なくなるのは)やっぱり寂しいですね。寂しいことは寂しいですね」

解体は、来月から重機で少しずつ1年かけて行われるということです。


※今回ご紹介した石川県粟津温泉と栃木県鬼怒川温泉には、もちろん現在営業しているホテルや旅館があり、人気の観光地となっています。
そして、廃墟となったホテルや旅館の中に入ることは危険なだけでなく不法侵入になる可能性がありますので、絶対に入らないでください。

関連タグ

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×