ココ調

今日のココ調

梅雨シーズンの悩み解決! 傘の盗難防止テクニックを徹底調査!!

梅雨シーズンまっただ中!
雨の日が続くこの時期、ある問題が。


「電車で傘を横にかけて寝ていたら起きたら(傘が)なかった」

「コンビニ出る時に自分の使っていた傘がない」

「盗まれている」

それは…そう傘の盗難。

街の方100人に聞いたところ、61人が「傘をとられた経験がある」と回答。
しかし中には…

「今日は人ごみに行くので巻いてきた」


傘の盗難対策をしていました!

ということで今日は「梅雨シーズン!傘の盗難対策を徹底調査」です。

さっそく街で調査開始。


こちらの方の対策は…


「マスキングテープです」


「コンビニとかで盗られるから。(盗難の被害は)数えきれないくらいですね」

雑貨店などで売られているマスキングテープを貼るだけですが…

「全然盗られなくなりました。効果絶大です」


こちらの女性もマスキングテープで対策。


「カワイイのつけてると、男性には持って行かれないというのもあるので」

同じテープでもこちらの方は…


「ビニールテープです」

なんとシマウマ状態のビニールテープ。

さらにその下にはマスキングテープ。


「今日は人ごみに行くので、いっぱい傘がある中でパッと取れるように巻いてきた」

これだけ派手だと取り間違いも防止できそうです。

ちなみにご自宅の他の傘にもテープを巻いて使っているそうです

続いてはこちらの女性。


「(ヘア)ゴムです。盗られないように」

また他の傘も工夫しているそうで…

「キャラクターのばんそうこうを貼ったりしています」

お手軽にできるのでご自宅の傘すべてに工夫をしているそうです!

一方、こちらの大学生は


「盗難対策のビニールテープです」

ちょっと不恰好(ぶかっこう)に見えますがコレには深い意味が。

「他の人から見るとダサいと思うので盗まれないんじゃないですかね?」


「さっきもコンビニとかで置いたんですけど、全然盗まれなかったんで、効果はあるんだなと実感しました」

盗る気が失せる程あえてダサくするテクニック。

意外と街ではわざとダサくする人が多かったのですが、コチラの方はさらにひと工夫…


「わざとガムテープ貼ってお気に入りのシュシュをつけています」

「ちょっと自分らしくDIYをして」

Q.わざと汚く?
「ガムテープ、わざとです」

ダサい中にもオシャレ要素を取り入れた女子力高めのハイブリッドテクニック。

Q.(今までに)何本も盗られましたか?
「100本は超えていると思いますよ」

Q.これを導入してからは…
「盗られないです、残ってますちゃんと」

あえてダサくする一方で、こちらの男性は…



「樽美酒研二のキーホルダーなんですけど、カワイイから盗られないかなと思って」

盗るのがためらうように可愛くする作戦。
大学入学を機に上京したそうですが、始めたキッカケは…


「地元が長野の方でみんな優しくて(盗難は)無かったんですけど、こっち(東京)だと危ないかなと思って付けはじめました」

さらに目立つモノを付けている方も。


「このカバーを一応(付けてます)」


「みんな透明傘だと同じで、いつも盗まれたり持って行かれちゃうので」

市販の取っ手カバーは盗難対策とファッション性に優れたグッズ。

コチラの男性は機能性(きのうせい)に優れたグッズ。


「これは目印兼すべり止めです」

机などに傘をひっかける時のすべり止め。
目立つので盗難防止にも効果的。

そこで傘のグッズを扱うお店に!

「カラフルなモノが揃っていますよ」


店内には様々な傘に取り付けるグッズが。

街でも見かけた取っ手カバーや、傘を置く時にひっかけるハンガー、傘専用のシュシュなど発見。

さらに街でこんな情報をゲット!


「(傘の取っ手)いろんな文字のシールを貼るっていうのをツイッターとかで見たことあります」

そこで調べてみると・・・

「変わったものを見つけました。傘の取っ手に“警視庁”と書かれたものや“この傘 骨 折れてます”などラベルプリンターでオリジナルのコメントを作り、盗難対策しているようです」
“警視庁”など、わずか3文字ですがなかなかの破壊力、これなら盗まれることはなさそうです。

続いてのオリジナルグッズは「位置情報テスト端末」。
チップのようなモノも付いていて追跡されるのではと思わせる盗難対策ニセモノですが効果は抜群だそうです。

そんな中、実際に位置情報が分かるハイテクアイテムも登場!
こちらの傘はスマホと連動。

「傘をスタッフに預けて携帯だけもって歩きます。傘を忘れた状態で歩いてみると…」

「おっ、さっそく音が鳴りました」

スマホの画面には「傘を忘れていますよ」と通知。

さらに、地図上に最後にスマホとつながった場所が表示されます。

続いてのハイテクアイテムはこちら。

親機と子機が電波でつながっていて傘に子機を付けておけば…

盗難時や置き忘れの際、アラームとバイブで知らせてくれるんです。

傘を守るため様々な工夫やアイテムがありましたが効果はあるのでしょうか?
検証です。

「盗難対策した傘10本、何もしていない傘10本を用意しました。これを使って実験を行います」


みなさんが行っていた、マスキングテープやシュシュなどの対策をした傘と目印だけを書き込んだ、盗難対策のない傘。

これらを都内近郊の施設に許可をいただいて設置。
24時間で数が減ってしまうのか検証。

向かって左側に対策をした傘、右側は何もしていない傘です。

この日、朝は曇っていましたが昼頃から傘を回収する翌日まで雨。
どのような結果になるのでしょうか?

24時間後、結果がコチラ!


左(対策した傘)は結構残っていますが、右が少し減っている様子。

普通のビニール傘の目印を確認し数えると7本、つまり3本紛失。

一方対策をした傘は10本すべて残っていました。

盗難対策は効果があることが判明。
みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×